佐野れいじのウェブサイトへようこそ

中野区議会議員としての活動している佐野れいじと申します。

中野区政への要望や提言、また福祉、医療や学校問題などお困りのことがございましたら、なんなりとご相談ください。

佐野れいじは区民の皆様が快適に暮らせるようお手伝いさせて頂きます。


初鰹 パフォーマンスより政策

平成18年05月:私の想うこと

薫風の候となりました。昔からよく言われる言葉ですが、「青葉」といえばやはり「初鰹」。鎌倉辺でとれた鰹を早船で運び、てんびんを担いだ魚屋が市内を回る姿は、江戸の風物詩として川柳にも沢山詠まれています。

当時、初物を食べると寿命が75日延びるという俗信もあって、4月上旬(今の暦なら5月上旬)から半月余りの間、江戸っ子なら女房を質に入れても食べようとしたとか。『初の字が五百鰹が五百なり』。『初』の字がなくなれば1本1分(千文)が半値になります。

続きを読む

品格ある日本を!

平成18年04月:私の想うこと

時間があれば、毎週月曜日、夜9時からの「ビートたけしのTVタックル」を観ることにしています。3月27日は3時間の特番で、最後に司会の阿川佐和子さんが憲法改正の法整備について賛否を問うたところ、たけし一人が反対。本人曰く「最近の日本人は品が悪くなった」彼一流のジョークなのでしょうか、最近、いろんなことが余りにもなおざりにされていませんか。無責任もこれに極まれり、といった感じです。

続きを読む

他山の石

平成18年03月:私の想うこと

よく「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、春の彼岸を過ぎて桜の満開の頃、東京でも震え上がるような「花冷え」の日が続いたりします。と思うと、いきなり7月上旬の気温になったり、自然はなかなか気まぐれです。

気象庁が発表した今夏の長期予報によると、北日本が「平年並み」のほかは「平年並みか高い」で、どうやら暑い夏になりそうです。もっとも今年は暖冬と予想した気象庁の信用は「平成18年豪雪」に押し潰された前科がありますから、どこまで当てに出来るのやら。

続きを読む