佐野れいじのウェブサイトへようこそ

中野区議会議員としての活動している佐野れいじと申します。

中野区政への要望や提言、また福祉、医療や学校問題などお困りのことがございましたら、なんなりとご相談ください。

佐野れいじは区民の皆様が快適に暮らせるようお手伝いさせて頂きます。


当たり前のことが、当たり前でなくなる?

平成18年02月:私の想うこと

休日、新聞の整理をしていて、ある記事が目に留まりました。

永六輔さんが自分のラジオ番組の中で紹介した手紙で、小学校の子どもを持つ母親が「給食の時間に、うちの子に『いただきます』を言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているのだから、言わなくてもいいのではないか」と学校に申し入れをしたというものです。

番組には早速、数十通の手紙が寄せられ、多くは否定的だったものの、この申し入れを支持する意見も数通あり、給食のとき、『いただきます』と手を合わせることは「宗教的行為だ」と疑問を投げかける人もいたそうです。

続きを読む

明けましておめでとうございます。

平成18年01月:私の想うこと

皆さま、お健やかに新年お迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年の衆議院選挙では、皆さまから絶大なるご支援を賜り、お陰さまで自民党が勝利を収めました。東京小選挙区第7区(中野区、渋谷区)においても松本文明氏が当選し、政権与党との太いパイプを持つことが出来ました。昨年9月の妙正寺川の水害に関しても、松本議員らの尽力により国土交通省から激甚災害の指定を受け、護岸整備や橋梁改良に100億円を超える事業費が組まれました。これからも地元中野区のために松本議員の活躍を願ってやみません。

続きを読む

個人情報保護と過剰反応

平成17年11月:私の想うこと

中野区の決算特別委員会(9月29日)で、私は区の財政問題を取り上げ、28億7900万円の余剰金(16年度)があるのなら公共施設の整備などに充てるべきだ、9月4日の集中豪雨で妙正寺川の護岸が崩れたが、余剰金を護岸改修に回していたらある程度、被害が緩和されたのではないかと質しました。

行政の立ち遅れはさておき、この水害で床上浸水の被害を受けた約800世帯について、担当課長が住所と氏名を都税事務所とNHKに提供し、税の減免や受信料免除が受けられるよう図ったところ、「個人情報保護条例に違反した」として、訓告処分を受けました。

続きを読む