深夜に襲来した台風24号

9月30日の深夜から翌1日の未明にかけて、台風24号が首都圏を駆け抜けていきました。怒号のような風の唸り声に、私はよく眠れませんでしたが、皆様はいかがでしたか。

東京の最大瞬間風速は39,3m。時速に直すと141,6㎞、JRの特急電車並みだそうです。この強風により、中野区でも四季の森公園のセントラルパークの木々が根こそぎなぎ倒されるなど、区内各所で倒木の被害が出ました。また、屋根瓦が飛んだり、窓ガラスが割れたり、大和町では倒壊した家屋もありました。(東京都の八王子市では観測史上1位の45,6mを記録しました)

一方、心配されていた豪雨の方は、中野区ではピーク時でも15㎜〜20㎜程度で、幸い神田川や妙正寺川などの河川の氾濫はありませんでした。

今回の台風24号も、非常に強い勢力(最大風速44m以上、54m未満)を維持したまま1993年以来25年ぶりに上陸した9月の台風21号に続き、同勢力としては今年2回目。1年で複数回の上陸は初めてだそうです。

思えば今年平成30年は自然災害の多い年でした(過去完了にするにはあと3か月残っていますが)。2月の北陸地方の豪雪。6月の大阪北部地震。7月の西日本豪雨。各地で観測史上1位となるような猛暑が続き、9月の台風21号、そして北海道で震度7の地震。自然災害の頻度は——地球規模でも——今後一層高まり、「想定外」という言葉はもはや通用しなくなるだろうと専門家は警告しています。

私たちは自然災害にどう備えるべきなのか? 24号と似たようなコースをたどる台風25号の今後の進路も心配です。