平成26年第3回定例会総括質疑

第3回定例会総括質疑:平成26年9月24日(水)

空き家問題

質問
空き家問題への認識は。
区長
自己責任での維持管理をお願いしているが、問題が表面化していない空き家の実態は把握できていない。
質問
区として早期に実態調査等を進めることが必要では。
区長
大きな問題であり、組織横断的な検討体制で、対応を考えていく。

待機児ゼロの取り組みの遅れ

質問
橋場保育園新園舎建設の状況は。
区長
竣工の遅れが見込まれ、27年4月の開園は厳しい。
質問
基本構想に係る内容の遅れに問題認識を持つべきでは。
区長
保育施設整備による27年4月の待機児ゼロの実現に向け全力を尽くす。

放置自転車対策

質問
地域での放置自転車の推移はどのような状況か。
区長
区内駅周辺では午前は減少し、午後は増加傾向にある。
質問
地域により利用率の低い駐輪場もあるというが現状は。
区長
放置防止指導等により自転車の乗り入れ台数が減少したとも考えられる。利用しやすさの点から当初の想定より利用率の低いところもある。

外国人の生活保護

質問
生活困窮の外国人は生活保護を受給できるのか。
区長
昭和29年の厚生省の局長通知により、特別永住者等への生活保護を措置している。
質問
保護に要する金額は。
区長
平成25年度で約4億4千万円である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です