平成26年第1回定例会一般質問

第1回定例会一般質問:平成26年2月21日(金)

増え続ける空き家問題の独自解決策を早期に検討せよ

放置された空き家は防災・衛生・犯罪などの問題を招く危険性があり、地域住民の日常生活に不安を与えている。

質問
法令施行までに問題が生じた際の区の対応は。
区長
法律や条例の有無にかかわらず、区民の問い合わせや相談には誠意をもって対応し、敷地建物所有者にも自主的な処理の指導・助言を継続して行う。
質問
罰則を含む条例を制定すべきでは。
区長
法律案のしんちょく進捗状況や、他区の条例などの運用状況を把握しつつ、区独自の取り組みを検討したい。

区政に人口統計の活用を

少子高齢化が進む中、人口統計の施策への活用は重要だ。

質問
具体的な活用例は。
区長
「新しい中野をつくる10か年計画(第2次)」などの各種計画や方針は、人口の現状と将来人口推計を踏まえ策定している。
質問
生産年齢人口の減少と高齢者の増加への対応策は。
区長
多様な働き方や社会貢献できる仕組みを作り、支えられる側の人を減らし支える側の人を増やし、持続可能な社会保障の構築が大切と考える。
質問
区の合計特殊出生率が低いが向上策は。
区長
さまざまな要因から対策は難しいが、子どもを産みやすく育てやすい環境の整備が重要と考える。

東京メトロ中野新橋駅の改装工事完了時期を問う

質問
地元住民の長年の夢であるバリアフリー化工事の完成時期は、駅構内の告示板によると26年秋口とあるが間違いはないか。予定変更がある場合は、告示板を訂正すべきでは。
区長
26年8月にはエレベーターの使用開始、12月には改札口の移設、工事の完了は27年2月の見込みである。告示板については、東京メトロに対し訂正を申し入れたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です