平成21年第3回定例会総括質疑

平平成21年第3回定例会総括質疑:平成21年09月29日(火)

平成20年度中野区財政

質問
1,義務的経費の人件費・扶助費・公債費の総額は、5年前より46億円も増えている。経常収支比率も81・2%と増えており、中でも扶助費が増えているが、今後の財政上の影響は。
1,景気低迷の中、歳入増が見込めず硬直化を招く。
質問
2,弾力性のある財政構造にするための改善策は。
2,事業の検証を行い、今後も抑制に努めていく。

生活保護費

質問
1,生活保護費の総額、保護人数とその推移は。
1,約112億円、5502人で、増加傾向にある。
質問
2,自立支援策が必要では。
2,就労支援プログラムなどで早期就労に努めている。
質問
3,現業職員78人で、一人あたり、約100人のケースを担当しているが、この現状に対する区の考えは。
3,標準数より不足しているが、研修による質の向上や民間活用などを図り、業務の充実に努めていく。

超過勤務手当

質問
1,職員数減により人件費は減少しているが、超過勤務手当は増えている。コスト・健康などへの対策は。
1,事務改善により縮減に努めていく。また、定期健康診断やメンタルヘルスチェックを行い、心身両面をサポートしている。

中野納税貯蓄組合

質問
1,組合員名簿に、本人に無断で記載されている。区は補助金を出しており、監督する必要があるのでは。
1,事実を連合会に伝え、注意を促していく。

中野新橋駅バリアフリー化

質問
1,改修工事の進行状況は。
1,東京メトロが駅周辺用地取得に向け交渉中であり、新たな整備計画の検討を始めている。
"" "" "" ""
1面(120KB) 2面(124KB) 3面(148KB) 4面(232KB)