見習うべきは助け合いの精神・・・

平成21年04月:私の想うこと

政治的にも経済的にも八方塞がりの今の日本において、WBC日本チームの優勝は久し振りにスカッとした、と言うのがテレビのインタビューなどで多くのサラリーマンが口にしたことです。

「苦しんで、辛くて、痛さを覚えた」イチローに「神が降りた」と言うのも筋書きのないドラマを見るようでした。勝敗云々についてはもう語り尽くされた感があるのでここでは省きますが、私が感動したのは日本の優勝を祝ってニューヨークのエンパイアステートビルが日の丸の赤と白でライトアップしたことです。ベースボールの本場でもあるアメリカにとって、日本に負けたことはさぞかし残念だったでしょうが、他国の優勝を素直に祝うのも心の広さではないでしょうか。2次予選で日本に勝った韓国がマウンドに太極旗を立てたのと好対照です。スポーツの中でのナショナリズムも行き過ぎると非礼になります。

厳しい現実に対処すべく東京都では今、いろんな就職支援事業を行っています。あまり知られていないようですので、野球から離れ、幾つかご紹介します。

○ 就職チャレンジ支援事業

これは「正社員への就職にチャレンジする意欲を持つ方に対して、職業訓練を行い、より安定した就業に向けてサポートします」というもので、課税所得等に一定の制限がありますが、受講料は無料で、職業訓練期間中は月額約15万円の受講奨励金が支給されます。
(問い合わせ先:東京都産業労働局雇用就業部就労確保支援事業担当 TEL:03-5320-4726)

○ ネクストジョブテラス

対象は30歳代で正社員就職を目指す方。カウンセリング⇒セミナー等⇒職業紹介⇒定着支援
(ネクストジョブテラスで紹介した方を正社員として6ヶ月以上雇用した企業に1人当り60万円を支給)
(問い合わせ先:東京都産業労働局雇用就業部就業推進課 TEL:03-5320-4708)

○ TOKYOチャレンジ介護

対象は都内の介護職場就職を目指す方で、①離職者対象コース(住居喪失状態か、その恐れのある離職中の方)一時住宅を確保、生活費・就職一時金を貸し付け等 ②資格取得コース(一定所得以下の方)介護の講座受講料を全額支給、受講奨励金10万円を支給等。また、この事業の利用者を介護職として6ヶ月間継続雇用した事業所などには、採用給付金60万円が支給されます。(問い合わせ先:東京都福祉保健局生活福祉部 TEL:03-5320-4062)

また、中野区でも就労・求人支援サイト「ぐっJOBなかの」で区が提供する求人と就労に役立つ情報のサービスを行っています。
(問い合わせ先:中野区役所産業振興分野 TEL:03-3228-5517)

再び話をWBCに戻せば、個々のサムライ達が力を合わせ、助け合った抜群のチームワークこそが勝因ではないでしょうか。見習うべきはその助け合いの精神だと思います。