中野区の待機児童数前年から204人減って171人に

東京都の福祉保健局が発表した今年4月1日現在の区市町村別の待機児童数によると、中野区は前年の375人から204人減って171になりました。大幅に減った要因として区の担当者は保育所の新規開設など、定員が増えたことを挙げています。

待機児童解消は一朝一夕に成るものではありません。費用もかかります。例えば田中前区長時代、28年度予算では8億7千万円を投じて民間保育施設開設支援(定員330人増)などを図り、また29年度予算でも同支援に27億7千万円(約1300人増)などを計上し、待機児童解消に努めて来ました。その成果がやっと今、実りつつあるのではないでしょうか。

一方、酒井区長も今年6月、第2回定例会での施政方針説明で「中野区を子育て先進区へ」を区政運営の柱にしたいと述べていますが、同時にボトムアップ型区政への転換を図り、新たな基本計画の策定にも取り組んでいくとも述べています。果たしてこれまでの待機児童対策をどのように進めて行くのか、大いに注目するところです。

表1 中野区における待機児童数等の推移
(各年4月1日)
年度
(平成)
待機児童数
(人)
前年度比増減
(人)
保育定員
(人)
保育需要率
(%)
26年 241 94 4,562 39.1
27年 172 △69 5,013 39.9
28年 257 85 5,492 42.6
29年 375 118 5,776 45.1
30年 171 △204 6,276 45.1
  • 注1 保育定員には無認可保育所は含まれていません。
  • 注2 保育需要率は(保育サービス定員+待機児童数)/就学前児童人口

この表を見ると、中野区の保育定員は平成26年から同30年までの5年間で1,714人増えていることが分かります。また、平成30年4月1日現在の保育サービス利用児童数は5,913人で前年の5,526人より387人増えています。

今後、保育サービスを利用する児童数は現在の45%からさらに増加するものと思われますが、今年度予算でも——田中前区長最後の予算編成になりました——民間保育施設新規開設支援、区立保育園民営化、保育士人材確保・支援対策等に約88億円を計上しました。

これまでの努力と成果を踏まえ、新区長の基、来年こそ待機児童ゼロになれば良いのですが。

表2 東京23区の待機児童数
順位 区名
(区)
待機児童数(人)
世田谷 486
江戸川 440
目黒 330
太田 250
足立 205
墨田 189
中央 188
板橋 185
台東 183
10 中野 171
11 渋谷 151
12 文京 100
表2 東京23区の待機児童数
順位 区名
(区)
待機児童数(人)
13 89
14 荒川 80
15 練馬 79
16 江東 76
17 葛飾 64
18 42
19 新宿 25
20 品川 19
21 千代田
21 杉並
21 豊島