少子化問題から空き家対策まで

中野区政の現状を、その課題点等を含めて、皆さんにお伝えしてきた「私の想うこと」も今回で130回目になりました。平成27年の1年間、「私の想うこと」での様々な問題点をもう1度検証してみたいと思います。

【02月】中野区の合計特殊出生率0.93は東京23区で最低(政府は1.8を目指す)

2015年1月1日現在の中野区の人口は316,625人。2050年には267,804人に減少すると推計されています(中野区の第2次10ヵ年計画)また、日本創成会議の推計によれば、中野区の20〜39歳女性の数は2010年54,943人から2040年には33,300人となり、30年間で減少率−39.4%。私は「誰よりも女性が定住できるまちづくり」の一環として空き家の活用を訴えてきました。

平成27年02月「私の想うこと」を読む

【03月】大きいことは良いことだけど

27年度予算(案)は5年連続で前年度を上回り、過去最高の1,327億3,800万円となりました。しかしながら職員給与、扶助費等の「義務的経費」が46.7%(619億円)を占め、学校、道路、病院等の「投資的経費」は16.6%(220億円)。生活保護費等の扶助費の340億円に比べても「投資的経費」は120億円も少ない。この予算配分をどこかで変えない限り、区民サービスが十分行き届かないことを取り上げました。

平成27年03月「私の想うこと」を読む

【04月】統一地方選挙に向けて

サブタイトルは、『中野区とその地域を守る「共助」のためにも貴重な1票を投じよう』でした。過去3回の区議選の投票率を見ると、中野区は40%ぎりぎりで推移しています。私は政治不信を理由に棄権する人達に対し、近隣が互いに助け合って地域を守る「共助」の精神を思い出して欲しい、それには区政に参加して欲しいと訴えました。

平成27年04月「私の想うこと」を読む

【05月】激戦の区議会議員選挙を終えて

今回の区議選の投票率は40.44%で前回より0.22%増えたものの過去3番目に低いものとなりました。「区議は、身近なその地域の一人一人の声に耳を傾け、たとえ長い時間がかかろうとも一つ一つの課題を着実に解決する、そのために有権者と協同していく役割を担う者ではないでしょうか」と決意を新たにしました。

平成27年05月「私の想うこと」を読む

【06月】5月の「空き家対策特別措置法」全面施行にともなって

5月26日、国の「空き家特措法」が施行され、これに伴い、区内に1700〜1800棟あると言われている中野区の空き家対策も動きだしました。この特措法のポイントは、1)解体や除去など強制執行が可能、2)所有者が勧告を受けた時点で優遇税制が撤廃、3)固定資産税の課税情報利用により、所有者の特定が可能、などが挙げられます。

平成27年06月「私の想うこと」を読む

【07月】空き家対策は、その活用も含めて考えていかなければ解決しない

区議会第2回定例会で私は一般質問に立ち、「中野区の空き家対策とその活用」「中野区の人口」「メトロ中野新橋駅舎の最終完成時期」の3点を質しました。空き家対策については、区は当面、法令や国のガイドラインで対応し、必要に応じて区独自の条例を検討するという姿勢でした。

平成27年07月「私の想うこと」を読む

【08月】中野区の人口減に歯止めをかけるためには

前月に続き、定例会の質問「中野区の人口について」を取り上げました。2030年には4人に1人が高齢者になり、2010〜2030年のファミリー世帯(15〜39歳)減少率は−45.7%。ワンルームマンションの建設だけでなく、2DKなど結婚した時のための安い家賃の部屋をより多く作るべきだと主張しました。

平成27年08月「私の想うこと」を読む

【09月】9月を防災の年中行事の月にしないために

首都直下地震は今後30年以内に70%の確率で起こるとされています。個人の備えには限度があります。公助(行政)の力が重要ですが、必要な「投資的経費」が「義務的経費」に圧迫されていることは3月のこの稿でも述べました。

平成27年09月「私の想うこと」を読む

【10月】中野区26年度決算状況

平成26年度の実質経費は44億円の黒字でした。特別区民税も、納税義務者数が増えたことなどにより前年度より19億円増えて300億円になりました。また、人件費は6億円減ったものの、委託料は9億円増。これでは一体なんのための職員削減による経費削減なのか大いに疑問です。

平成27年10月「私の想うこと」を読む

【11月】区民一人あたりのコストは

平成26年度の行政コスト(生活インフラ・教育・福祉・環境衛生・消防等に係るコスト)を人口で割った区民一人あたりの行政コストは27万3,592円で前年度より1万2,910円増えました。区によって財政状況、人口が異なるので一概に比較は出来ませんが、港区の一人あたり行政コストは中野区より11万円以上多くなっています。

平成27年11月「私の想うこと」を読む

【12月】中野区の空き家対策・建替え促進に積極的な取り組みを

区議会第4回定例会で私は一般質問に立ちました。その報告です。区は私の質問に答える形で空き家対策の具体的な工程を初めて明らかにしました。
空き家対策についてはこれからも私のライフワークとして取り組んでまいります。

平成27年12月「私の想うこと」を読む