3期目の挑戦に向けて・・・

平成23年02月:私の想うこと

大切なのは公約を実現すること!

公約がその場しのぎの、耳ざわりの良い言葉だけを振りまき、その成否になんら責任を持とうとしない者は、明日の中野を語る資格はないと私は思います。

今年4月24日(日)に行われる区議会議員選挙に向けて――私にとっては3期目の挑戦となりますが――どのような公約を掲げるべきか、私なりに熟慮に熟慮を重ねました。昨年12月、このホームページ「私の想うこと」で、『バリアフリー化実現までの8年にわたる歳月を想う』と題して、最後まで残った中野新橋駅の改良計画公表までの経緯をつづりました。すぐ出来る公約と、長い年月をかけねば実現しない公約があります。そして、いったん約束をした以上はあらゆる困難に果敢に立ち向かい、実現させねばなりません。それが私に課せられた仕事であり使命なのだと改めて心に銘じました。

今回の私の公約は、大きく分けて4本の柱から成り立っています。
下記のように、福祉・防災・生活・財政の4本で、それぞれに具体的な施策を盛り込みました。

今、中野区でも一人で買い物も思う様にならないお年寄りが増えています。明日の中野を語る時、年齢や障害の有無にかかわりなく、互いに助け合い、絆を結び、だれもが安全に安心して暮らせる「共生社会」の構築が欠かせません。どうか皆さま、これからもご意見ご要望をお聞かせ下さい。そして私も明日に向かって心血を注ぐ覚悟でおります。