決意も新たに新しい中野をめざして・・・

平成23年6月:私の想うこと

梅雨空が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか。

常任委員会及び特別委員会が決まりました。

今年の関東地方は平年より12日、昨年より17日早く梅雨入りしました。私達が永年慣れ親しんできた穏やかな四季の移り変わりから一転して、特に東日本大震災以来、「自然が牙をむく」という表現が身をもって感じられるようになりました。被災地の方々を想うと胸が一杯になります。

さて、区議会議員選挙も終わり、新しいメンバーによる中野区議会が始まり、この度、私は総務委員会委員長に就任致しました。中野区では総務委員会を始め、区民、厚生、建設、子ども文教の5つの常任委員会がありますが、総務委員長は予算・決算の総括委員会を主管し、また委員会としてこれまでにも中野区各種条例や組織並びに契約等々各委員会に含まれない問題を審議し、組織全体にかかわる運営業務を扱ってきました。総務委員長として皆さまからの請願・陳情は元よりどのようなご要望であれ、これまで以上に区政に反映し、活かせるよう頑張ってまいります。

また、常任委員会とは別に、3つの特別委員会(中野駅周辺地区等整備特別委員会、震災対策特別委員会、地域支えあい推進特別委員会)が設置され、私は中野駅周辺地区等特別委員会の委員になりました。区役所や今後まさしく中野の顔になると思われるサンプラザ地区一体的整備や中野駅周辺地区整備及び区内交通結節点周辺のまちづくりについて調査研究を続けてまいります。

現在進行中の基本計画によれば、中野駅の北口広場は歩行者中心の広場とし、バス停をサンプラザ南側に仮設移動し、平成27年頃に中野駅西側に西口と南北自由通路を竣工、平成30年頃に北西側の新北口広場を都市型複合交通ターミナルとしてバス停、駐輪場、駐車場を整備、車両の出入り口は中野通りの自動車交通の集中を避けるため広場西側に確保する予定です。

住みよいまち中野を目指し、なによりも皆様の声を傾聴しながら、これからも私に与えられた職務を確実に果たしてまいります。