作成者別アーカイブ: sanoreiji

中野新区長の下にどうなる中野サンプラザ?

過日の区長選・区議会議員補欠選挙では多くの皆様からご支援を賜りました。改めて深く感謝申し上げます。

表1 区長選開票結果
当落 候補者名 所属党派 得票数
酒井 直人 無所属 36,758
田中 大輔 無所属 27,801
吉田 康一郎 無所属 14,534
市川 みのる 無所属 12,064

新区長に酒井直人氏が選ばれましたが、中野区のような地方自治体における議会の役割について、この際、簡単にふれてみたいと思います。

区長と区議はともに直接選挙で選ばれ(二元代表制)、首長と議会が相互の抑制と均衡によって緊張関係を保ち続けることが求められています。つまり、議会は「政策決定」と「監視・評価」の機能を果たすことになっています。私達自民党区議団は、これからも「区民に代わってその声を区政に反映する」本来の役目を忠実に果たしていく所存です。

続きを読む

地震による地域危険度、中野区は4地域で「最も高い」

震災被害イメージ

サブカルチャーの殿堂、中野ブロードウェイが「震度6強以上の地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性がある」という東京都の調査結果公表は(今年3月29日)、いつ起きてもおかしくないと言われている首都直下地震への備えが急務であることを再認識させられました。

この調査は1981年5月以前の旧耐震基準で建てられた都内の建築物852棟を対象としたもので、倒壊や崩壊の危険性が「高い」建物は紀伊国屋ビルディングや渋谷109など156棟、危険性が「ある」建物は95棟。また危険性が「低い」建物は中野サンプラザ、中野総合病院など584棟でした。

続きを読む

中野区統計書から見る「待機児童」「待機老人」の課題

中野区はこのほど「平成30年中野区統計書」を公表しました。この統計書は人口動態をはじめ、社会福祉、子ども・教育など様々な分野のデータを掲載しています。私たちの日々の暮らしがどのような数字の上に成り立っているのかが見て取れます。

参照データは、中野区が発行している統計書より

関連リンク

中野区統計書2018

先ず出生数など1日当たりに換算したものから(平成29年に拠る)

出生数7.4人、死亡数7.5人。転入者数84.4人、転出者数81.5人。婚姻数8.0組、離婚数1.6組。刑法犯発生件数8.1件。交通事故件数1.5件。救急出動回数47.6回(平成28年)火災発生件数0.2件(同28年)などとなっています。

人口

平成30年1月1日現在の中野区の人口は328,683人(男性165,938人・女性162,745人)で、100歳以上の人は男性17人、女性131人、最高齢者は女性2人の107歳です。

これを年齢3区分別に見ると、年少人口(0〜14歳)28,855人(8.8%)、生産年齢人口(15〜64歳)231,995人(70.6%)、老年人口(65歳以上)67,833人(20.6%)ですが、下の表の将来人口推計(長期)を見ると、いわゆる少子高齢化社会が急激に進行することが数字の上からもうかがえます。

続きを読む