中野区議会議員3期12年を振り返って

平成27年4月現在、議員になり3期12年のキャリアになります。

議員になった動機は少しでも中野区の役に立ちたい、地元の要望を行政に伝えたいと思い議員になりました。議員生活12年を振り返りたいと思います。

主な活動

1,丸ノ内線バリアフリー化

念願の中新橋新駅舎

念願の中新橋新駅舎

中野新橋駅改築に関しては、別ページでまとめました。
「丸ノ内線バリアフリー化、中野新橋駅改築への歩み」>> 詳細ページを見る

2.神田川治水対策

flood_control01 flood_control02

平成17年9月に中野区でも夕方から5日の未明にかけて大規模な集中豪雨が発生し、甚大な被害を受けた地元議員として川井都議会議員、松本文明衆議院議員へ強力に働きかけ、チーム自民党の一員として「河川激甚災害対策特別緊急事業」(以下・激特事業)を平成17年11月採択、現在神田川の工事が行われています。

3,なかしん広場オープン

nakashin_park01 nakashin_park02

中野新橋架け替え工事に合わせて、資材置き場だった用地を工事完了後ポケットパークとして整備、防災倉庫、トイレ、町内の行事で利用出来る水道等整備。防災倉庫を設置したことで災害が発生した際の拠点としても活用出来る。

4.バス増便

地元より強く要望のあった中新通りのバスを増便、中野駅から中野新橋駅を経由、川島商店街、方南通りを通り、南部高齢者会館へのバスを平成24年4月に増便。

5.様々な要望

地元の皆様からご意見を頂き様々な要望を行政に伝える役割を行ってきました。

3期12年の実績は、地元の皆様に支えられて実現してきました。皆様の強い想いが佐野れいじの実績となっていることを改めて御礼を申し上げます。

今後行っていく具体的な施策

4期目からは今まで以上に、【福祉】【防災】【生活】【財政】に力を入れていきたいと思います。

具体的な施策に関しては、4期目からの具体的な施策ページをご確認 >> 詳細ページを見る