中野新橋駅上下階段を合わせての早期エスカレーター設置を要望!

地元10町会と中野新橋商店街が、連名で東京メトロと中野区長に

東京メトロ・中野新橋駅のバリアーフリー化に関して、地元の10町会と中野新橋商店街が連名で平成19年7月26日、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)と田中大輔中野区長におよそ1,500人の署名を集めた。

これまで東京メトロ側は中野新橋駅のバリアフリー化について、(1)エスカレーターの設置方向で平成19年度設計、20年着工を現在検討中、(2)しかし、階段幅の関係から上部階段(4.1m幅)に設置し、下部階段上(2.9m幅)は設置不可能と回答をしてきたが、要望書は「中野新橋駅だけがバリアフリー化が遅れている現状を踏まえて、上部階段のみエスカレーターの設置ではまったく意味がなく、上下階段合わせての早期エスカレーターの設置を強く要望する」としている。

佐野れいじ区議が東京メトロ本社に訪れた際(平成19年6月18日)、今年9月~10月の間に駅舎のリニューアル、バリアフリー設備について概略を伝えられるのではないかとの回答を得ているが、平成19年7月26日要望書を受け取った東京メトロの肥後広報部長は、上下階段合わせてのエスカレーター設置の検討に少し時間がかかるかも知れないが、要望に添えるよう10月上旬までに結論を出したいと述べた。今回の要望が受け入れられるかどうか注目される。

なお、要望書提出者は、弥一向台町会長、弥生町一丁目東町会長、弥生二丁目町会長、東郷町会長、朝日ヶ丘町会長、本一相生町会長、千代田町会長、神明本三町会長、弥生町三丁目町会長、道玄町会長、中新商店街振興組合理事長の各氏。

20070726-1

平成19年7月26日、弥生地区7町会連合会長(金子会長)と共に、東京メトロ本社へ要望書を提出

20070726-2

平成19年7月26日、弥生地区7町会連合会長(金子会長)と共に、中野区長田中大輔氏へ要望書を提出