佐野れいじのウェブサイトへようこそ

中野区議会議員としての活動している佐野れいじと申します。

中野区政への要望や提言、また福祉、医療や学校問題などお困りのことがございましたら、なんなりとご相談ください。

佐野れいじは区民の皆様が快適に暮らせるようお手伝いさせて頂きます。


深夜に襲来した台風24号

9月30日の深夜から翌1日の未明にかけて、台風24号が首都圏を駆け抜けていきました。怒号のような風の唸り声に、私はよく眠れませんでしたが、皆様はいかがでしたか。

東京の最大瞬間風速は39,3m。時速に直すと141,6㎞、JRの特急電車並みだそうです。この強風により、中野区でも四季の森公園のセントラルパークの木々が根こそぎなぎ倒されるなど、区内各所で倒木の被害が出ました。また、屋根瓦が飛んだり、窓ガラスが割れたり、大和町では倒壊した家屋もありました。(東京都の八王子市では観測史上1位の45,6mを記録しました)

一方、心配されていた豪雨の方は、中野区ではピーク時でも15㎜〜20㎜程度で、幸い神田川や妙正寺川などの河川の氾濫はありませんでした。

今回の台風24号も、非常に強い勢力(最大風速44m以上、54m未満)を維持したまま1993年以来25年ぶりに上陸した9月の台風21号に続き、同勢力としては今年2回目。1年で複数回の上陸は初めてだそうです。

思えば今年平成30年は自然災害の多い年でした(過去完了にするにはあと3か月残っていますが)。2月の北陸地方の豪雪。6月の大阪北部地震。7月の西日本豪雨。各地で観測史上1位となるような猛暑が続き、9月の台風21号、そして北海道で震度7の地震。自然災害の頻度は——地球規模でも——今後一層高まり、「想定外」という言葉はもはや通用しなくなるだろうと専門家は警告しています。

私たちは自然災害にどう備えるべきなのか? 24号と似たようなコースをたどる台風25号の今後の進路も心配です。

酒井区長が中野サンプラザの解体を表明

存続か解体かで揺れていた中野サンプラザについて、酒井区長は定例記者会見の席で正式に解体を表明しました(9月18日)。

サンプラザを巡って、建て替えの是非は今年6月の区長選の争点でもありました。解体を推進する前区長を破り初当選した酒井区長は、就任の記者会見で(6月15日)、サンプラザ解体や中野駅北口整備計画を「一度立ち止まる」と凍結を表明しましたが、結局は前区長の計画を踏襲することとなりました。

解体の時期は、従来の構想通り2024年前後とし、後継複合施設の完成を27年度頃と述べました。

続きを読む

中野区の待機児童数前年から204人減って171人に

東京都の福祉保健局が発表した今年4月1日現在の区市町村別の待機児童数によると、中野区は前年の375人から204人減って171になりました。大幅に減った要因として区の担当者は保育所の新規開設など、定員が増えたことを挙げています。

待機児童解消は一朝一夕に成るものではありません。費用もかかります。例えば田中前区長時代、28年度予算では8億7千万円を投じて民間保育施設開設支援(定員330人増)などを図り、また29年度予算でも同支援に27億7千万円(約1300人増)などを計上し、待機児童解消に努めて来ました。その成果がやっと今、実りつつあるのではないでしょうか。

続きを読む